弁護士寺野善圀がわかりやすく教える「相続と遺産」

弁護士寺野善圀がわかりやすく解説「相続と遺産」

相続、遺産、裁判、紛争、和解、検事、公証人、法律

 

弁護士の寺野先生には、
当事務所所長の岡崎と大変親しく
お付き合をさせていただいており、
師匠のような存在でもあります。

 

行政書士の業務ではてどうしても
解決出来ない事件があります。

 

例えば
紛争が激化して裁判になるような、和解の余地がない事件

 

遺産を故意に隠したり、刑事事件にもなりかねないような事件など
当事務所に相談をされた方の多くを救っていただいています。

 

元検事・元公証人の経歴がある法律の達人であり
どんな難しい事件でも解決方法の知恵をいただいております。

 

 

カラオケと大学時代からの同級生の奥様が大好きです。


寺野善圀(ヨシクニ)先生のプロフィール

相続、遺産、裁判、紛争、和解、検事、公証人、法律

経歴
昭和20年10月13日生
昭和39年 3月 大阪府立四条畷l高校卒
昭和44年 3月 関西大学法学部法律学科卒
昭和45年 9月 司法試験第二次試験合格
昭和46年 4月 司法修習生
昭和48年 4月 京都地検検事拝命、以後熊本地検・大阪地検・名古屋地検・高知地検・福岡地検・大阪高            検・高松高検・広島高検で勤務、大阪は高検地検で併せて6回勤務
平成12年11月 広島高検公安部長で退官、検事としての勤務歴27年7か月
平成13年 1月 公証人(和歌山法務局所属)拝命
平成25年 6月 公証人退任、公証人としての勤務歴12年5か月
平成25年 8月 弁護士登録(大阪弁護士会)
得意分野
刑事事件一般
民事事件一般
特に相続・遺言、不動産関係事件、離婚関係、
金融関係、各種契約書の作成


弁護士寺野善圀がわかりやすく解説「相続と遺産」記事一覧

@法定相続|寺野善圀がわかりやすく解説する相続と遺産

相続に関していろいろ直接苦労した体験があるとか,ご自身の経験ではなくても友人等から遺産相続の話し合いで苦労したことがあるという話を聞かされたり,人の噂などで「あそこの家族は遺産相続で何年も揉めていた。」といった話を聞いたりしたことがあると思います。第二次世界大戦の終戦直後までは,あまり相続問題はなか...

≫続きを読む

A相続人|寺野善圀がわかりやすく教える相続と遺産

法定相続については,既にご存知の方が多いと思いますが,念のため一応復習しておきます。1 相続人まず誰が相続人になるかということですが,亡くなった方(以下「被相続人」と言います。)の配偶者(夫又は妻)は,常に相続人となります。ただ,他の相続人がどのような人かによって相続分が異なるだけです。それでは配偶...

≫続きを読む

B遺言と遺書|寺野善圀がわかりやすく教える相続と遺産

1 遺言と遺書についてまず一般の人は,遺言(一般の人は「ゆいごん」と言っているようですが,法律家は通常「いごん」と言っています。)を残しておいた方が良いと勧めると,遺書と混同して,いかにも自分の余命がなく死に瀕しているかのように誤解されているようです。広辞苑によると,遺書は「死後のために遺した手紙や...

≫続きを読む

C遺留分|寺野善圀がわかりやすく教える相続と遺産

遺留分について遺言書があるからといって,これが絶対のものではありません。相続人全員が遺言の内容に納得すればそれはそれで良いのですが,相続人全員が話し合って,遺言と異なる内容の遺産分割について合意をし,遺産分割協議書が作成できた場合は,遺産分割協議書に従った遺産分割をすることも可能です。配偶者,子,親...

≫続きを読む

D相続税|寺野善圀がわかりやすく教える相続と遺産

相続税について世間で一番心配なことは税金のことで,相続時の税金を少しでも少額にしようと,財産の一部を少しずつ子らに生前贈与されている方がいるようです。ただ,贈与については現在一人の相手に対して年間110万円を限度として非課税とされ,これを超える分については相続税よりも高率な税率による贈与税が課せられ...

≫続きを読む

E尊厳死|寺野善圀がわかりやすく教える相続と遺産

尊厳死の宣言について最近よく安楽死あるいは尊厳死ということが問題にされているようです。相続・遺言とは次元の異なった問題ですが,いずれも人の死に関係する問題ですので,一応本稿でも触れておきたいと思います。広辞苑によりますと,安楽死とは「助かる見込みのない病人を,本人の希望に従って,苦痛の少ない方法で人...

≫続きを読む


TOPページ 遺言・相続について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ